新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)に対する当社の対応について

当社について

福祉送迎研修センター<東日本>(以下、当社)は2015年に開設し、これまで一都三県を中心に、関東近郊エリアまで出張講習に対応してきました。

ヘルパー資格を持った安全運転・運行管理の専門アドバイザーが懇切丁寧に、実践的に講習を行います。

本サービスは、これまで多くの事業所様のご意見を頂戴しながら改善を進めてまいりました。事業所様、受講者様みなさまに感謝の気持ちを持って、今後とも本業務を進めてまいりたいと考えております。微力ながら、私どもの活動が、地域のツアーやアクティビティの活性化にもお役立てできれば幸いです。

今後とも応援・ご支援・ご指導の程よろしくお願い致します。

当社のこれまでの歩み

(敬称略)

「福祉送迎研修センター」としての仕事に対する思い

自家用自動車を用いた「有償運送」という制度を初めて知ったとき、「こんな制度があるんだ」と驚きを隠せなかったことを覚えています。

バス・タクシーや介護タクシーのような業務を、地域のみんなで協力して、しかも手持ちの白ナンバー・黄色ナンバーの自動車で行うことができる。

時には介護保険や障害福祉サービスの自立支援給付、地域生活支援事業や埼玉県の生活サポート事業、介護予防・日常生活支援総合事業などと組み合わさって、日々サービス提供が行われています。人工透析の患者さんの送迎も行われています。

私は子どもの頃おばあちゃん子で、ずっとおばあちゃんの傍から離れない子でしたが、今思えば色々なところに連れて行くことができなかったな、と思い返します。もっとも、子どもは運転してはいけませんし、できませんが。もっと、いろんな場所へ連れて行って、思い出作りたかったな…と思う時があります。

有償運送は「どこかに出かけるきっかけを作ることができる」、そんな素敵なサービスだと考えています。

私は可能な限りさまざまな場所に出向いて、できるだけ少人数から有償運送の講習会を行い、ひとつひとつ修了証をお渡しできたらと考えています。

同時に、安全に送迎を行う、「命」をお預かりする大切さについてしっかり伝えていきたいと考えています。

当社概要について

会社名福祉送迎研修センター<東日本>
電話番号050-5899-4910
FAX番号050-3488-0498
メールアドレスinfo@fukushi-trans.com
事業内容研修・コンサルティング事業
WEB制作・システム開発事業
取扱商品福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習
福祉送迎ドライバー研修
IDP運転適性検査
販売価格すべて商品本体の価格(税込)となっております。

代金(対価)の支払い方法と時期

  • 支払方法:銀行振込・クレジットカードによる決済がご利用いただけます。
  • 支払時期:請求書をメール/FAX/郵送致しますので、受講日の10日前までにお支払いください。

※クレジットカード決済ではオンライン決済URLをメール致します(FAX/郵送対応は不可となりますのでご了承ください)。

※出張講習に限りまして、当日現金決済も可能ですが、当社とのお取引実績などに応じた個別判断とさせていただきますので予めご了承ください。

返品(キャンセル)についての特約事項

当社の不備による場合を除き、原則として以下のキャンセル料金が発生致しますのでご了承ください。お申込みの前に、事前にご確認をお願いいたします。

  • 講習の8日前まで:無料
  • 講習の7日前~3日前まで:講習代金の25%
  • 講習の2日前~前日まで:講習代金の50%
  • 当日のキャンセル:講習代金の100%

上記条件によらず、埼玉県以外の地域で当社が主催する講習会(出張講習を除く)については、キャンセルについての特約の内容が変更の場合があります。その場合、当社が送信するDM・各案内状・重要事項説明書に記載する条件を適用いたします。

また、上記いずれの条件によらず、受講予定日の変更が可能な場合については以下の通りとします。

  1. 本人もしくは同居者・家族等が病気や事故などの場合(発熱、新型コロナ感染を含む。家族の場合はやむを得ず見舞いなどが必要な場合に限る)。
  2. 忌引き(3親等以内の親族の葬儀等に出席する場合)。
  3. 台風・降雪・その他天災等により、交通網がマヒをしている場合・物理的にお越しいただくことが不可能な場合。
  4. その他、当社がやむを得ないと認めた場合。

福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習について

以下の企業による主催として実施しています。

会社名株式会社アズンシステム
所在地大阪府大阪市西区北堀江1丁目1番3号 四ツ橋日生ビル別館4B号室
電話番号06-6536-8805
許認可国土交通大臣認定・講習実施機関(国自旅第18号)
トップへ