《7月~8月・申込み受付中》福祉有償運送運転者講習1日コース・セダン等運転者講習2時間コース !出張講習も承ります。

埼玉県内の障害児(者)生活サポート事業について(79条登録・福祉有償運送との関係性)

障害児(者)とそのご家族の生活を支援するため、市町村に登録した事業者・団体が、日中の一時預かり・派遣による介護サービス・外出援助・車による送迎等のサービス行う事業です。各市町村により詳細な条件が異なる場合があります。詳しくは、各市町村にお問い合わせください。

埼玉県独自の制度となっております。埼玉県以外の地域では、地域生活支援事業を利用してこのようなサービスを受けることが可能な場合があります(行っていない地域や、サービス内容が異なる地域もあるようです)が、埼玉県独自の本制度とは内容が異なりますので、詳しくは各自治体へお尋ねください。

本記事においては、あくまで埼玉県の生活サポート事業について解説を行います。

注意:車による送迎を行う場合には、福祉有償運送の登録が必要となります。
※福祉有償運送を実施するには、特定非営利活動法人・社会福祉法人・一般社団法人・医療法人などの法人格が必要になります。営利法人(株式会社・有限会社・合同会社・合資会社等)や個人事業主では福祉有償運送への登録はできません。

目次

利用対象者

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
  • 知的障害者更生相談所又は児童相談所において知的障害と判定された方
  • 医師により発達に障害があると診断された方

※市町村によって条件が異なる場合があります。

福祉有償運送を利用するためには、福祉有償運送を行う事業者・団体に会員登録することが必要です(事業者は利用者の名簿管理が必要です)。各団体により、利用対象者・利用方法・利用料金などが異なります。

利用時間

1人あたり年間150時間まで

年度途中からの利用は、日割りまたは月割りで利用時間が短縮されます。

利用者の負担金額

1時間あたり0円~950円

※ただし、事業者・団体により別途で送迎料・燃料費等を別途必要とする場合があります。

埼玉県の基準単価は、1時間当たり最高2,850円と設定されています。1時間あたりの補助金総額の1/3(950円)を県が、1/3(950円)を市町村、1/3(950円)を利用者(利用料金という形)で負担します。利用者の負担金額は、収入状況や各自治体によっても異なります。

対象外となるもの(別途費用が発生する場合があるもの)

本サービスは、あくまでも実際に利用者にサービスを提供している時間が補助対象となります。したがって、

  1. 迎車回送料金
  2. 待機料金

等が発生する場合には、別途で利用者の自己負担が増える場合があります。事業者としては、「運送以外の対価」として福祉有償運送の各協議会等で承認を得る必要があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる